ネトウヨは何もしないので尖閣諸島は米軍に守ってもらうつもりです。

普通の日本人とは考えが違います。

まず第1に尖閣諸島がどうしても日本に必要ならば日本人が守るべきです。

尖閣を守るのは米国。日本はそれを応援するだけの気持ちなら手離すのも同じです。

米国を応援するために、米国の尻まで舐めるけど自分では守らないつもりなのか?

日本人が日本の領土として守る。米国の助けは必要ない。

そんな気構えなら、集団的自衛権は必要ありません。



イザとなったら米国に日本の領土を守ってもらいたい。

そのためには米国には、千切れるほど尻尾を振りたい。

米国に首輪の鎖を引かれて、米国の戦争の燃料補給や水くみをやらされる。

兵站部隊でも、米国は自衛隊の精鋭を出せと命令するでしょう。

その命令に背けるなら、こんなことにななってませんよね。

イラク・シリア辺りの治安維持に精鋭の大部隊を派遣する可能性もあるでしょう。

そんな戦争が長引きます。米国内は厭戦気分が蔓延します。

「どうしてこんな戦争始めたの?話し合いで解決すべきだったのでは?」

米国国民の世論がそんな風に米国政府当局や政治家をなじります。

私が中国共産党政府なら、この時に「いただきます」と尖閣を占領します。

ここで米国政府が即時に反撃できるかどうか?

大反撃されれば即時に尖閣撤収しても良いです。

「ちょっとまって、尖閣はもう収容所があってチベット政治犯が収容済み。話をしましょう」

60日間話を引き延ばせば成功です。米国憲法で議会承認がなければ米軍は撤収義務あります。

「米国のためじゃなく日本のためにチベット政治犯ともども中国上陸軍を皆殺し」

米国議会がそんな承認をしてくれる可能性はどれくらいでしょうか?

もちろん、日本人が日本の領土を守る権利はあります。

でも、自衛隊精鋭は米国の戦争に参加中です。

残ったのは精鋭の抜けた自衛隊と尻尾振りの上手な政治家です。

勝てばともかく、負けてもチベット政治犯は自衛隊の攻撃で全員死ぬこともあります。

尖閣諸島奪還の決断を誰がするでしょうか?

せめて自衛隊の精鋭が日本で反撃に備えてたらどうでしょうかね。

そのためには集団的自衛権は断っておくべきなのでは?



普通の日本人の方々のブログ

集団的自衛権「反対派は安全保障を語らない」と言われるようなので、語ります

集団的自衛権について:誤解も多いようでございます

集団的自衛権の行使は国民の過半数が反対

“集団的自衛権”を受け入れる日本首相

元自衛隊員、泥憲和さん「集団的自衛権は売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んで行くことです。」