死刑が好きなのはネトウヨと中国共産党政権と金正恩です。

この三者の精神程度が似たようなもんだと考えると理解できます。



何の罪もなく殺された被害者の無念の気持ちを無視するのか!

罪もなく殺された被害者遺族の怒りを理解しないのか!

その気持ちや言い分はよく理解します。

では、逆に聞きます。

冤罪で死刑にされる何の罪もない人の無念の気持ちは無視でしょうか?

そして、残された家族の怒りは理解できないのでしょうか?



でっち上げの証拠で死刑判決を受けた袴田元死刑囚はどうでしょうか?

いつ死刑が執行されるかわからない状況で、50年近い獄中生活を送りました。

それでも死刑にされなかっただけ良かったのです。

罪もないのに殺された冤罪死刑囚が何人いたでしょうか?

何十年も前の昔の話ではありません。

今も静岡地検は袴田さんを死刑にしようと法廷で戦ってます。



特捜検事が証拠改ざん事件を起こしたのは平成22年です。

冤罪少年事件で、行列で有名な住田裕子元検事は証拠隠しをしてました。

でも、冤罪被害者元少年に謝罪すらしてません。

死刑制度が残っていれば、無実の冤罪被害者がどんどん殺されますよ。

でも、ネトウヨも中国共産党も金正恩も平気です。



普通の日本人の方々のブログ

日弁連 死刑制度廃止を宣言へ 反対派の主張に道理はない

日弁連シンポと宣言

日本弁護士連合会の死刑廃止宣言を歓迎する。

死刑廃止をあきらめない

私が「死刑廃止派」である5つの大きな理由